つくし工房 │ 浜松市を中心に磐田市、袋井市、掛川市、周智郡森町、袋井市、湖西市、豊橋市をカバーした注文住宅会社

塗り壁・珪藻土・無垢床材等の自然素材を取り入れたオンリーワンの家づくり。

お問い合わせ窓口

台風対策 │ 集中豪雨・洪水・暴風に対する備え

 

事前に確認・準備

ハザードマップの確認

地域の浸水想定や水害の被害予想、土砂災害の危険性など日ごろからチェックしましょう。各地区ハザードマップ等は下記よりご確認ください。

停電への備え

ライフラインが止まる可能性があります。夜間の停電でも慌てないよう準備をしておきましょう。2018年浜松市では台風24号の影響で大規模な停電が発生しました。懐中電灯やモバイルバッテリーの準備、人数分の飲料水や食料などの備蓄がオススメです。

台風が来る前に

住宅外回り、バルコニー・ベランダの片づけ

小物の鉢植えは、玄関など室内へ避難させ、動かせない大きい物はあらかじめ倒す、固定するなど風に飛ばされないように対策しましょう。バルコニーやベランダの側溝や排水溝、雨どいにゴミが溜まっているとオーバーフローによる室内への浸水の原因となりますので、定期的な掃除をお願いします。

浸水対策(土のう準備)

地域特性や土地の形状により浸水が良そうされる地域にお住いの場合は、玄関や敷地の入り口にあらかじめ土のうを準備しておくと安心です。土のうはホームセンター、地域の砂利砕石業者様で販売しています。また、自治体によっては土のうを用意している所もございます。

シャッター・雨戸・窓の補強

風により飛来したものが当たり窓ガラスが破損するのを防ぐため、早めにシャッター・雨戸を閉めるようにしましょう。 シャッター・雨戸が無い場合は剥がしやすい養生テープなどで補強したり、飛散フィルムやカーテンなどで被害を軽減できるよう対策しましょう。

台風が接近したら

情報収集

天候の変化に注意しつつテレビ・ラジオ・インターネットの気象情報や災害情報を確認しましょう。SNSを通じて災害情報を発信している自治体や団体もございます。

外出を控える

風雨が強くなり始めたら、外出や屋外の作業は控えましょう。屋根に上がっての作業や屋外の補修作業も大変危険です。

台風が過ぎた後

火災保険

台風により実際に屋根が飛んだり、浸水してしまった場合には火災保険の補償対象となる可能性があります。加入しているプランにもよりますが、水災や風災の補償が対象となる場合には速やかに保険会社に連絡をして手続きを始めましょう。保険会社からの必要書類、写真等は弊社までご相談ください。

被災者生活再建支援金

大規模災害の被害に遭われた際には、被災者生活再建支援金の申請ができて、最高で300万円が支給されます。申請の際には罹災証明書などの書類が必要になりますので、事前に確認しておくといいでしょう。